中谷兄弟商会

漆器のまち「山中温泉」で培われた匠の技

山中漆器の中谷兄弟商会
漆磨カップ
パール漆(ボール&カップ)
パール漆(グラス)
幸せの木 槐(えんじゅ)
カトラリー(サオ・紫檀)
カトラリー(日本 樺)
箸・箸置き(北海道七樹)
椀&丼ぶり(食洗機対応)
木製漆塗りカップ
湯呑み(栃の木)
会社案内
ニュース
お問合せ
【会社案内】
特定商取引法に関する表示
個人情報保護方針
ご利用案内
代表:中谷伊佐雄
山中漆器の伝統と思いを込めた作品をお届けします。
Yahoo!ショッピング
【スマートフォン用HP】
スマートフォンサイト
パール漆の特徴
鮮やかに発色するパール漆
パール漆は従来の漆と異なり、塗り上がると刷毛目がくっきり表れるのが特徴ですが、反面埃や塵を取るとその痕が残ってしまいます。

そのため、埃取り作業をする都度、漆を塗らなくてはならない手間が大変です。

また、漆の塗膜が少しでも厚くなるとムラが目立つので、漆を薄く均一に塗る技術がとても大切です。

パール漆を綺麗に仕上げるためには、職人の熟練した技と経験が重要になってきます。

漆は生き物です。その日の気温、湿度などの天候により同じ漆を塗っても仕上がりに違いが出ます。日々、研究と研鑽です。

石川県の山中漆器で培われた「塗りの技術」

石川県の山中漆器で培われた「塗りの技術」

漆磨カップの製造工程

漆磨カップの製造工程

ステンレスカップに漆を塗る工程で重要な事は、最初にステンレスに塗料を密着させる処理が重要です。この処理がシッカリされていなければ、塗り上がった漆が全て剥がれてしまいます。